« おけいこごと始め | トップページ | 春よ、来い! »

2010年2月 7日 (日)

今も「カルメン」の余韻が・・・

観てきました!

12月の「くるみわり」ぶりのバレエ、

現代版カルメン  by 東京city

わたしにとっては、2006年初演から3年を経て

志賀&ファンカイの成長振りも楽しみだったのですが、

今回は「バレエ観るの久しぶり~」な娘も一緒で、

若い世代から観た「カルメン」はどうかな?

というのも興味津々でした。

まずは、

バレエ=チュチュ=ひらひら~

なイメージを持っているかたには、

見事に裏切られる斬新な舞台です。

大きな「塗り壁~」のような装置が目を引き、

また場面場面で効果を挙げている。

クラシックで知られる「カルメン」の名曲に、

PCのキーの音、ケイタイの音、救急車のサイレンの音、

が交じり合って、

その合間に 登場人物の息使いまで聞こえてきそう・・・

脚の動き、上半身の動きで見せる

「美しすぎる~」ラブシーンの数々。。。

清子先生お得意の 江戸っ子+ラテン系の

熱い振り付けに、

シティのみなさんがのりのりで動いてくださるのも

うれしかったです!

お隣のかたは、ラブな場面でオペラグラスを使っていたけど、

うんうん、これは前のめりになるのもわかるな~

ちらりほらり、の小学生児童のみなさまには

申し訳ないけど、、、

これはどう観たって、「お・と・な のバレエ」

ハタチを過ぎた娘にしても、

「わたしにもちょっと大人だったかなぁ?」とまず言っているし。

それにしても・・・

テレビじゃなくて ケイタイの中でもなくて、

これほど前のめりになるって

いまどき、あるのかなぁ~

しかも、、美しいこと このうえない。

ラストのファンカイさん、

体操のお兄さんに見えちゃったのが残念、、だけど。

一日たっても まだ興奮冷めやらず。

次は5月のラフィネの舞台、

楽しみにしてます!

|

« おけいこごと始め | トップページ | 春よ、来い! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今も「カルメン」の余韻が・・・:

« おけいこごと始め | トップページ | 春よ、来い! »