« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月30日 (木)

たった7分間で長距離ランニングと同じ効果が得られるエクササイズが明らかに!

世の中にはいろんな発明があるけれど、↑このタイトル、すごいでしょ?!
気になりませんか??


さて、米国スポーツ学会のお墨付きのその運動とは・・・・

[1]ジャンピング・ジャックス(ジャンプしながら両足を広げ、両手を頭の上で叩く)
[2]空気椅子
[3]腕立て伏せ
[4]腹筋(ヒザは曲げて立てる)
[5]椅子を使った踏み台昇降運動
[6]スクワット(ヒザを曲げる際、両手を前に伸ばす)
[7]椅子を使った逆腕立て伏せ
[8]プランク(腕とつま先で身体をまっすぐに持ち上げる)
[9]腿上げ運動
[10]ランジ(片足を大きく一歩前に踏み出す)
[11]腕立+片手と片足で身体を支える運動
[12]横向きのプランク(片腕と片つま先で身体を持ち上げる)

どうですか?7分とは言え、けっこう達成感があるプログラムですね。
そして、、、ひとつひとつ検証してみると、なんと!、
12のうちの10までがヨガのポーズじゃないですか!!

「空気椅子」「スクワット」はウトゥカターサナ(椅子に腰掛けるポーズ)
「腕立て伏せ」はチャトランガダンダーサナ
「逆腕立て伏せ」はプールボッターナーサナ(東側を伸ばすポーズ)
「プランク」はクンバカーサナ(板のポーズ)
「腿上げ運動」はウッティタハスタパダングシュターサナ
「ランジ」はヴィーラバドラーサナ(戦士のポーズ)
「腕立+片手、片足」もプランクの変形ポーズ
「横向きのプランク」はヴァシツァーサナ

ヨガって賢いなぁ、とは常々思っていましたが、全体のバランスがいい幕の内弁当的な魅力があるのですね。
ヨガは他のスポーツ(ダンスも含めて)との相性もとてもよいということも実証されていますので、いろんなスポーツと組み合わせてぜひTRYしてみてくださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月20日 (月)

チャリティー舞台出演

気がつけばもう5月も半ばを過ぎましたが、まだまだバレエクラスはイベントが続いています。
5月18日(土)は毎年出演している「木更津港をきれいにする会」のチャリティーショーへの出演です。今回は3歳からのピッコロクラスによる「キラキラ星」と中学生中心のSクラスによる「祭り」が登場しました。

ママと離れるだけでも大変なピッコロちゃんたちも客席からしっかり声援を受け、
舞台では立派に踊っていました。ひたすらかわいい~
20130518_113532



「祭り」は昭和の香りのJAZZの名曲にのせて祭りの法被姿で踊る姿が、
前日のリハーサルから注目を浴びており、期待に応えるのびのびした踊りに場内も盛り上がっていました。
気分は夏祭りだね!20130518_113503

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土)

6月のスケジュール

体を動かすと汗ばむほどの日が続いています。梅雨前の落ち着いたいい季節になりましたね!バレエクラスではコンクールやイベントもひと段落つき、9月の発表会に向けた振り付け指導が始まります。ヨガクラスは毎年恒例の「夏至のキャンドルヨガ」が行われます。この日だけは寄付による参加となり、全額が大震災復興のために使われます。

◆6月バレエクラス

◇発表会振り付け期間中、月末土曜日の「保護者参観」は行いません。

◆6月ヨガクラス

今月のママヨガ 6/4 10:30~
今月の火曜サロンヨガ 6/11、25  日曜レッド、サロンヨガ  6/2、16、30

◇月曜夜サロンヨガ、日曜サロンヨガの予約受付中です!

お休み!! 6/17(月) 朝、夜とも リラックスヨガ
       

イベント!! 
 ♪6/19(水)  《キャンドルヨガ》  揺れるキャンドルの灯でヨガしませんか?
   
19:15~ アシュタンガ BS
   *\1000以上の寄付でご参加ください。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

ラフォールジュルネとコンクールin横浜

5月3日 大型連休後半が始まりました。とは言え木更津から東京駅八重洲口行きのバスは渋滞に逆行して今日もスイス~イ、東京から横浜までひとまたぎして、バレエを楽しみ、応援する一日が始まりました。
まずは・・・スカイツリーと並んで人気のすっかりリニューアルされた駅舎が人気の東京駅丸の内へ移動。
Dscn4315


大勢の方が立ち止まってクラシックな天井を見上げる中、思わずわたしもパチリ(ゝ。∂)

北口を抜けてまた地下へ潜り、丸ビルに向かうと12時を10分ほど過ぎたくらい、
まだ大丈夫、とタカをくくっていたら、目指すイベントは吹き抜けの上のフロアまでもう人人人でいっぱい!みなさんが東京シティバレエ団と丸の内交響楽団のコラボを待ってます!

Dscn4320

プログラムは「カルメン」と「コッペリア」で、到着した時には2、30席ほどの椅子席はもちろん満席、わたしは正面も諦めて上手側から立ち見です。よく目を凝らすと、衣装をつけたダンサーが下手に待機、石井先生の発表会にも出演していた男性ダンサー高井さんの姿も見えます。リハーサルが終わると、胸高鳴るカルメンの序曲から始まります。

Dscn4322


構成はカルメンに女性ひとり
コッペリアのワルツに女性ひとり
仕事の踊りに女性二人
マズルカに男女ひとりずつ

なんと、カルメンとマズルカ以外は、狭い舞台上でポアントでイタリアンフェッテまで!
さすがプロだなぁ~と感激しました。

Dscn4324

30分ほどの舞台の後、東京駅からまっすぐ横浜関内へ。

ジュニア部に朝から5名が参加、三左子先生とゆりちゃん先生はてんてこ舞いのはず!
午後2時すぎくらいに客席へ、最後の二人の応援にやっと間に合いました。

圧巻はやはり18人が続いて登場する男子の演技です。同じ年頃のバレエを学ぶ男子の踊る姿をこれだけいっぺんに見ることは、初めてのことでした。

どんな場所でも喝采を浴びて踊り切るプロの世界と
やっとバレエの入口に立って厳しいコンクールの試練を受ける生徒たちの姿

そして、外は連休で浮かれていても、一方では真剣にバレエに集中する姿

踊るってすごいこと、
それに向かっていくみんなもすごい!

これからもしっかりみんなを応援していきたい、とあらためて思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石井清子バレエ研究所発表会とBATE BATUQUE公演

4月21日の日曜日はティアラこうとうへ毎年恒例の「石井清子バレエ研究所生徒発表会」へ。清子先生の教室は生徒が250人近くいるので毎回発表会を2回に分けて行います。

昼の部を観てきましたが、さすがに小さい子からバレエ団の団員まで層が厚くうらやましい限りです
子供たちは変に背伸びせず子供らしく、大きくなるにつれて清子先生がプログラムの「ごあいさつ」で書いているように「このように踊りたい」と、それぞれが思いながら踊っている。
それぞれの年代にキラっと光る子がいて、上にはお手本になるような先輩がいる。こうやって長い歴史の中で生徒が育っていくんだな~と発表会を観ながら感じました
特にその思いを感じたのが「ショスタコビッチのワルツ」「フックト・オン・バロック」「ライモンダ」。みんないきいきと「踊るのが楽しい!」という気持ちが伝わってきました  
「ライモンダ」の真ん中はシティバレエ団の坂本麻美さんと春野雅彦さん。 麻美さんはやっぱり素敵でした 発表会で見られるなんて得した気分です(*^-^)

次の週の日曜日はアートスタジオOG MARIちゃんが出演した「BATE BATUQUE」の公演を観に赤坂区民ホールへ。この公演はアフリカからブラジルに伝わった様々な文化をダンスや音楽にそのエネルギーを乗せ表現するブラジリアンパフォーマンスとカポエイラの公演です。カンドンブレという民間信仰の儀式で踊られる踊りあり、カポイエラあり、サンバありと内容盛りだくさんで楽しい公演でした。
初めて観るジャンルでしたが、カポイエラというブラジルのダンス的格闘技の身体能力のすごい事  本当にびっくりしました(MARIちゃんすごい

小さい頃からやっていたバレエが元になって、こうやって違うジャンルで頑張っている姿が見られてとても嬉しかったです

今日は「ティアラジュニアバレエ団」の発表会を観にティアラこうとうへ行ってきま~す
(*^▽^*)o

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »