2006年8月17日 (木)

ヨガ教師養成、(2)

二日目の16日はたっぷり3時間の枠です。最初の座学1時間は(まことに僭越ながら^^;)アシュタンガ=八支則について。99%practice1%theoryが基本のアシュタンガヨガとはいえ、《初めて出会うtheory(理論)》として、日々の生き方や心構えとasana(ポーズ)の練習をどう結び付けていくかという八支則をヨガの練習の始めの時期に知っているかどうかは、その先に進むときに重要なポイントになると思います。よく言われることですが《ヨガはただの体操ではない》といのは、八支則を知って初めて「あ~納得!」となるものです。後半はこのブログでも取り上げたnatalia流*開け、股関節WSをエッセンスにいただいて、楽しんで動いていただきました。うまく伝わったかなぁ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

開け!股関節

「chamaさんの代行しているnataliaはすごいらしい!」と聞いてはいたけど、今回は6wksもいるんだし、いいめぐり合わせがあれば、と思っていたけど、やっと今日クラス受けてきました。テーマは股関節関係、とクルマーサナもバックベンドも《できればすっ飛ばしてしまいたい!》と練習のたびに不埒にも思っているわたしとしては、恐る恐るの参加なんですけど・・・いきなり最初からジョイント部分のダイテンシ(大天使じゃないよ^^;;)のお話から始まって、いろんなケースがあるのだからこれからたくさん動いてみて、『自分はどこがどう固まってるのか?』を探していこう、ということでスタートしました。

で始まってみると、これが一つ一つがとにかくフルヴィンヤサ(スリヤナマスカーラを繰り返しながら)で次のポーズに入るという形式。てことは、練習したポーズの数だけスリヤーナマスカーラやってるわけで、あぁ!数を数えるのも恐ろしい。。。だからたぶん(想像では・・)アレだけ動いても怪我はしにくいのかな?と思うけど、まぁ消耗するわね、すっごい汗と《あれまた、チャトランガなわけね~》と股関節よりも二の腕シッカリ使うし、呼吸もすごい入ってくる。で、いつもいかにスタンディングをなぁなぁで過ごしているかがよく骨身に(本当の意味で)染みたし、最後にはスプタクルマ(足首を頭の後ろに引っ掛ける)や壁に向かってのウパヴィスタコーナの練習など世にも恐ろしいことをすることに・・・ ラストはビバリタカラニで足を壁に立てかける(?)状態でリラックスタイム。終始にこにこと暖かく励ましてくれたnataliaに感謝!すごく欲張りだけど、自分の練習だけじゃなくて、バレエの生徒たちにも役に立てたらいいなぁ、と思ってます^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月30日 (金)

みゆきさんのエサレンマッサージ

きのう一日お休みだったので、渋谷でエサレンマッサージを受けてきました。

一日お休みだったので マッサージはゆったりした余裕をもって受けるのがなにより最高!今回は最初のお茶(レモン&ジンジャー)から最後のお茶(ブルーベリー)まで3時間、なんて贅沢・・②エサレンマッサージ カリフォルニアにある心理学やボディワーク(ヨガ、ダンスもあり!)のメッカと言われ、世界で最も信頼されるグロース(成長)センターと言われるエサレン研究所で育まれたボディワーク。実はいろんな引き出しから自分で作り上げる(マニュアルなし!)ボディワーク、と言う点に注目したい。従ってプラクティショナー(施術者)によって当たりハズレあり、なんです。

で、みゆきさんのマッサージルーム《private》は渋谷駅から5分の立地にありながら窓から緑がのぞめて足元においたうっすらな灯りで更にリラックス度UP。邪魔にならない不思議が漂うCDの流れる中、タオル一枚の下は下着ナシ(!)の開放感でみゆきさんにすべてお任せ。。。中心から外へ外へ伸びる《立ち止まらない、押し流す手法》を多く使って「身体はみんな繋がってる、世界はひとつに・・」と心まで解き放ちつつ、最後おかあさんのおなかの中に戻ったようなフシギな感覚。あぁ、みゆきさんでよかった、わたしは合ってるんだなぁと深く強く、実感しました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

丸の内ヨガ

いいお天気の日曜日、ヨガクラスの山本さんと丸の内でchamaさんのwsを受けてきました。

最近はのみさんをはじめ、いろんな身体の探検家と交流のあるchamaさんのws、今回はどんなんだろう?て興味津々。とはいえ、顔見知りのヨガつながりの何人かをのぞくとこういう「枠」って、経験も皆さんそれぞれだし~と思っていたら、身体の中心と先端というお話と動きがいつのまにか始まっていました。謙虚な姿勢をkeepしつつもぐっと引きつける話術(セールスマンじゃないっつーの!)で気がつけば「じゃあ少しだけアシュタンガもね!」てスリヤナマスカーラやってパタン、お休みしていました。

きっと、運動経験浅いかたから、プロのダンサーやスポーツ選手まで「あ、これだ、使える!」て発見があったんじゃないかしら?私の発見も少しづつクラスの中でshareしてきますね~

そのchamaさん、これからまだまだ忙しくて9月頃にはスタジオへ来てくださるようですので、お楽しみに!

chamaさんの写真(デジカメうまく撮れてなくて。。)は1年半前のインドでルームメイトだったtomokoさんのブログからチェックしてね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

newmoonに想う

「何かを吸収しやすい特定日」であり、

「これをやりたい!」「よし、始めるぞ!」と誓いを立てる日=新月です。

ただ『ヨガをやらない日』にしたくないので、少しづつですが新月の日が何かの区切りになれたらいいな、と思ってクラスを進めています。

わたしがヨガクラスを指導する時、「クラスを受けてくださっているかたが何かに気づくことのお手伝いをする」ために、いつも自分の持ってるものをできるだけ出し切っていこうと思っています。今日のヨガクラスは今まで2年以上のクラスの中で一番ワクワクしたクラスでした。まだ2,3ヶ月のヨガ経験のかたから2年以上のかたまで、その人なりの経験から気づいたことをみんなで分け合う楽しくて刺激的な時間!こんなにメンバー相互の発見があった経験は初めてでした。。この時間を与えてくださった皆さん、本当にありがとう!

わたしには人前ですごい引力を発揮するカリスマ性もないし、どんなポーズもこなせる超人的な身体能力もありません。それでもあちこちぶつかりながらも教える機会を与えていただいてよかった!そして「ヨガ大好き」、とあらためて思えたnewmoonでした。さぁ、30年後もいっしょにヨガやっていましょうね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

新緑のヨガリトリート(合宿)へ!

IYC(インターナショナルヨガセンター)主催のヨガ合宿:5月5日~7日:にまだ若干の余裕があるそうです!新緑のエアロビクスセンターのコテージに宿泊して、ブッフェスタイルのおいしい食事と3日間で11.5時間のヨガクラス!→\47,250

全くの初心者から経験者まで一緒に楽しめるのも魅力のひとつです。まだゴールデンウィークの予定が決まってないかた、リフレッシュに出かけませんか?申し込みはケンさんまで早めにメールを!tokyoiyc@yahoo.co.jp

2005retreat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

tapas(苦行)とenjoyment(楽しむこと)~トレーニング最終日~

4月1日皆さんのおかげで、1回も休むことなく参加させていただき、集中トレーニングを無事修了することが出来ました。ありがとうございました。

写真は左からあと2年で70歳を迎えるフィットネスの大先輩であり現役インストラクターのさなえさん、真ん中は静岡で週に17本のレッスンを抱える超人?であり最初のリトリートで同室だったよしえさん、右は同じく静岡県富士市のヨギーニ(お名前不明、ごめんなさい^^;)このあとケンさんの車に同乗して富士で行われる夕方のクラスにも参加予定。それにしても《苦行》だったのかな?と思うほどの3人のピカピカの笑顔!ヨガは《楽しんでやること》、これに尽きますね。

トレーニングの間は参加者の方だけでなく先生方からもたくさんのpowerをいただきました。この貴重な体験を少しでもこれからのヨガクラスでshareできたらいいな、と思っています。2006training_002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

またまた荻窪へ~

3月の半ばから通い始めた中央線も、車窓から見える市ヶ谷から四谷あたりの桜と卒業式の袴姿に春を感じるようになりました。と書いてみるととってもゆとりある感じがしますが、実際は毎回バタバタと出発前のバスの中で東京駅で買ったおにぎりをほおばって後は爆睡!余裕が出たかな?と思うのは待ち時間に北海道shopで夕食のおかずを捜す時間が出来たことくらいです。

写真は会場となったIYC2階の『ミュージアム』の不思議空間と、シルシャーサナをアジャストするケンさんのお姿と熱く見つめる参加者の皆さん。とうとうあと1回になりましたが、楽しんでヨガやってきま~す!training1 training2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

荻窪に呼ばれて~その3~

そこは確かに、JR荻窪駅南口のごちゃごちゃとした商店街の中のヨガスペースなのですが、やっぱり未知の世界がありました。リトリート(ヨガ合宿)も2,3年前の外国人中心からすっかり日本人中心に参加傾向が変わってきましたが、今回の集中トレーニングは更にフィットネス業界からの参加が多くなりました。隣りに《エアロビクス世界チャンピオン》がいたかと思えば、東京オリンピック(てもう、40年以上前?)の跡地に戦後はじめてスポーツクラブが出来た時からマシーンやウエイトの指導をしているという現役《元祖トレーナー》がいらしたり。老いも若きもいろんなキャリアが一緒になってヨガ経典に触れて「どうして今ここにいるかを知りたい」「次に生まれ変わるときのために今の世代に何か残したい」そんなテーマを深めていくのって、とっても不思議な世界。あと残された3日間のトレーニングも未知や不思議とたくさん出会って、楽しんで帰ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

荻窪に呼ばれて~その2~

「あ~なんか食べたい!」ヨガ集中トレーニング4日目終了後に出た言葉です。10時から16時まで休憩は10分、気がつけば朝から何も口にしてなくて。こうやってヨガをする身体と心が出来てくるんだなぁとつくづく思いました。いつもなら眠くてたまらない午後のひと時も、お陰で(?)難しい哲学談義も頭はクリアなまま。ひとりで毎日続けるヨガの練習ですが、ここではグループで知恵を出し合ってディスカッションしていく大切さや楽しさも知りました。さて、トレーニングの半分が終わっての感想は「わたしばっかり楽しんでスマン!」です。「あなたがいるからたぶん次の火曜日もわたしは来ることができる」というヨガ友の言葉に、わたしもまたひとりではここまで来れなかったことを痛感しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)