2006年7月17日 (月)

「白鳥の湖」~見たことありますか?~

7月16日ティアラこうとうで東京シティバレエ団の「白鳥の湖」を見てきました。全幕を見るよりも先に「コンクールで黒鳥見たよ!」というジュニアクラス生徒も多いでしょうね。実際に全四幕を見ると3時間の長丁場、ところがどの幕も知っている曲や振付が出てくるのだから「やっぱり白鳥ってスゴイ!」しかも、先月の発表会でお世話になったばかりの男性ダンサー《春野先生》《鈴木先生》がパドトロアやナポリなどで出演してる!    ・・・・それなのに何故か睡魔に襲われる私はチケット代¥6000無駄にしてるのかなぁ^^;;帰り道の話題はひとつ「スタジオで白鳥やれたらいね!」真ん中(主役)のオデット、オディール役だけいてもダメ、回りの白鳥20名(ポアントでしっかり踊れること!)は必須なのです。さぁ「白鳥の湖」全幕に向けてレッスン頑張ろう~Swan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

もりだくさんのスタジオトム発表会!

土曜日の朝ヨガ終えて江戸川の船堀まで、hiphopマユコ先生出演のステージを見に行ってきました。

舞台のマユコちゃんを見るのも久しぶりなんですごく楽しみ~にしていたけど、総勢15名のセンターとってそりゃ激しく踊って期待以上の切れのよさ!第1部と第2部の全部で21曲、1,5hの公演はhiphop中心に、ハウス、ブレィク、ロック、ジャズ、モダンで見ごたえあり。ハウス?ロック?て何?と首をかしげる年代のかたも「あれ、ディスコでうまい子が踊ってたあれだぁ!」と懐かしく思いますよ、きっと。。バレエの舞台も同じことが言えるけど指導者の振付の力ってやっぱり大事。何年もやってるキャリア組もビギナーさんもうまく溶け込ませて、いろんなフォーメーションで見せてくれる曲は引き込まれますね~

ゲストも何組か出ていたけど、男子の軽妙さと振付の面白さに脱帽です。チームで動く楽しさと個人技のきめかた見せ方(カッチョイイ~の声連発!)は惚れ惚れしちゃいました。毎年6月公演ということだけど、アートスタジオのhiphopクラスのいいお手本になると思いますので、毎年見ていきたいなぁと思ったステージでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

泣いた!笑った!発表会・・

こんなにみんながよく泣いて、よく笑った発表会はこれまでなかったです。

パートナーレッスンのあとは悔しくていつも帰りの車の中で泣いてたというAちゃん、体調を壊してバレエと向き合えなかった空白のあとの復活に感極まって思わずポロリのSちゃん、バレエを楽しんだよ!と達成感に感動の涙したSちゃん、発表会のあとってこんなに踊りたくなるんだぁ!とバレエに目覚めてしまったMちゃん・・・そして打ち上げではみんなが壊れて(?)よく笑ってたね~

みんなみんな、まだスタートに立ったばかりだよ!ひとりひとりが自分の踊りのプレッシャーに押しつぶされそうになりながら、小さい後輩たちをとてもよく面倒見ていてくれたことも忘れていないよ!本当にありがとう。Aクラスってオトナになったんだなぁ、と思えました。そんなみんなのために、これからもバレエの先生とは違った目線でアドヴァイスしていけたらいいな、と思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

プログラム、出来上がりました!

Minachan いよいよ今月18日日曜日はスタジオの生徒発表会です。なんと今回で33回!のプログラムは若葉のようなグリーンの表紙です。Program

特に教室の普段の顔が見られる「リハーサル風景」はプログラムに載っていない傑作が多いんですよ~

スタジオホームページのギャラリーにも載せますが、ちょこっとお披露目します! YukosenseiYurichansensei

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

バレエ 《ヘンゼルとグレーテル》~楽屋裏~

Hengre1 左から、森の精*白石希音さん、いたずらな妖精*苅込紗樹さん、森の精*山崎美来さん

うさぎ*苅込紗樹さん 天使*神子有沙さん Hengre4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

バレエ《ヘンゼルとグレーテル》

五月晴れの5月3日、ティアラこうとうジュニアバレエ団の第1回生徒発表会を見てきました。この舞台の出演者も観客もすべて子供たちが《主役》です。1幕の真っ暗な夜の森の情景も、おはよう!と声をかける小鳥やうさぎ、お菓子の家で繰り広げられる魔女やその手下や火の精たちが物語をすすめる2幕も、みんな子供の視線から描かれています。夜の暗闇や動物たちと迎える森の朝、恐ろしい魔女との戦い・・さぁあなたが子供だったらどう思う?出演者の子供たちは選ばれた才能と巧みな表現力で見ているわたしたちをぐんぐんひきつけてくれました。舞台が大きな拍手で幕を下ろしたあとに聞いた『あ~面白かった!』『わたし、あの魔女、大嫌い!』といった素直で厳しい(?)子供たちの声がこの舞台の成功を現していました。これからもジュニアバレエ団として大人を「あっ」と言わせる舞台を作ってください!清子先生、これからもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

『プリマダム』見てますか?

日本テレビ、水曜10時から始まったバレエ主婦ドラマ→(そのまんまですが)『プリマダム』はもう御覧になりましたか?中森明菜に黒木瞳、神田うのに教師役で小林十市!これは話題作りにも見ないわけには行きませんよね~昔々、今は立派になられたゆうきみほさんが主役の『赤い靴』というバレエものがありましたね、あれ以来ですか?(宇津井健さんという俳優がバレエ教師を演じた大映系列ものもありました?←かなりマニアック!&知ってる人は当然40代以上です)あ、バレエ関係の方、気になっていた冒頭の舞台シーンはどうやら小林紀子先生のところらしいですよ~その他、気になるところは番組HPでチェックしてくださいね!これから水曜夜が楽しみ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

公演のお知らせです☆彡

アートスタジオのバレエクラスOBにして、お茶の水女子大生、五島さんからお知らせがあります。興味があったら、応援に行ってね!今年のスタジオ発表会でも久々踊ってくれますよ~

お茶の水女子大学芸術・表現行動学科舞踊教育学コース(長い…)

第33回創作舞踊公演
4/20(木)18:00~開場 18:00~開演 なかのZERO大ホール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月31日 (金)

見つけた!新しいダンス雑誌

その名も『DDD』(ダンスダンスダンス)ダンスをテーマにしたファッション、ミュージック、アート等のカルチャー誌です。今発売中の5月号の内容はK‐Ballet Company上海公演レポート-熊川哲也インタビュー/ウィリアム・フォーサイス来日スペシャルインタビュー-最初にバレエを作ったのが大学生19歳の時だった、僕はある意味初心者なんだ/結成10周年グランディーバ・バレエ団がやってくる!-芸術監督&日本人ダンサーインタビュー など・・定価¥1000Magazine  幅広くダンスを楽しみたい方には絶対オススメ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月28日 (火)

2005.12月《くるみ割人形》upしました

チャイコフスキーの有名な三大バレエのひとつ、「くるみ割人形」をご存知の方も多いと思います。毎年、夏のオーディションから12月の舞台までの約半年の準備をかけて、東京シティバレエ団とオーディションで選ばれた生徒たちが作る「くるみ割人形」に、昨年はアートスタジオから4名の参加がありました。「さぁ、来年もまた!」子供たちを惹きつけるその魅力は一体なんでしょうか。。。秘密は彼女たちの笑顔にある、のかな?kurumi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧